制汗剤とは?

制汗剤とは発汗を抑える薬剤です。わきの下に塗布すると、毛細血管が収縮し、汗の分泌が抑制されます。制汗剤は、薬剤が汗腺の出口をふさいだり、収れん作用で毛細血管を収縮させることで、汗をおさえます。また除菌成分を配合することにより、ニオイの元となる雑菌を除去、消臭しているのです。

基本的には、スプレー⇒ロールオン⇒スティック⇒クリームの順に、消臭効果や制汗効果が高くなっていきます。脇汗が多いケースや、脇の臭いが強い場合は、スティックタイプかクリームタイプがおすすめです。ただ、一方で、白残りしやすかったり、服にクリームが付いてしまったりといったデメリットもあります。

汗腺から出られなかった汗は、角質層などで吸収されるため、適度な使用であればお肌への影響はないと言われています。けれど制汗剤には基本的に汗腺をふさぐ働きがあるので、お肌にはどうしても負担がかかります。

毛穴をふさぐことによって、お肌のターンオーバーが乱れることもありますし、お肌に合わない場合、薬剤の刺激でかゆみやかぶれ、黒ずみが起きることもあります。また過度に除菌しすぎると、お肌を外敵から守っている「表皮常在菌」まで死滅してしまい、かえってニオイがきつくなることもあります。更に制汗剤を大量に使用した場合、成分が衣類にうつって黄ばんだりもします。

こういった悪影響を極力防ぐためにも、自分にあった制汗剤を正しい利用してください。自分がどのタイプの制汗剤を選ぶべきなのかは、体のニオイレベルによって決まってきます。