パースピレックスローションの使い方

パースピレックスローションとは、Riemann A/S社に開発されたローションタイプの有名な男女兼用制汗剤です。パースピレックスローションは塩化アルミニウム、乳酸アルミニウム、エタノールなどの成分を配合しています。汗腺深部に角栓を作りフタをして、汗を抑えるとともにニオイの原因である細菌の育成や増殖を抑制します。物理的に汗腺に蓋をすることで、外部からくる雑菌を防ぎ、汗のニオイも防ぎます。香料不使用でアレルギーやかぶれのリスクを最小限に抑え、衣類への色移りもありません。ここで、パースピレックスローションの使い方について説明します。

パースピレックスローションの使い方

パースピレックスローションの使い方というと、寝る前に汗を抑えたい部分(手汗が気になる人は手のひらに)に、パースピレックスを塗布していきます。脇に塗布した場合は、完全に乾いてから服を着るようにしましょう。

翌朝に塗り直す必要はありませんが、塗布した部分を濡れたタオルなどで拭くだけです。効果が出始めるまでの1週間程度は毎晩塗布し、効果が出始めてきたら週2~3回の塗布をするだけでOKです。

しかし、使用中に刺激を感じたり炎症やかぶれなどがおこってしまった場合は、直ちに使用を中止し医師の診察を受けて下さい。