パースピレックスの副作用について

パースピレックスは、一般的な制汗剤とは異なり、持続効果がもっとも高い、医薬品の制汗剤です。塩化アルミニウムという成分が高濃度で配合されております。一般的な制汗剤は、発汗によって生じるバクテリアなどの増殖を抑えることにより、汗の臭いを軽減させるためのものがほとんどですが、パースピレックスは発汗そのものを抑える効果があります。今回本ページはパースピレックスの効果とその副作用について説明します。

パースピレックスには重篤な副作用は確認されていないとのことですが、塩化アルミニウムが水酸化アルミニウムに変化する際の反応によって、皮膚に違和感を感じる方がいます。

具体的には、皮膚の痒み(かゆみ)・かぶれ・刺激感(ヒリヒリ感)・炎症などの副作用が起こる場合があります。パースピレックスの副作用は1回目や2回目の使用時に特に感じやすく、それ以降は肌が慣れてくる人が多いとされています。

ただ、何回使っても肌に異常を感じる場合はパースピレックスの使用を一度中止した方がいいでしょう。特に顔などデリケートな場所に使用する方は、もしも肌に異変を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。