パースピレックスローションについてのご説明

パースピレックスローションとは
パースピレックスローションとは、Riemann A/S社に開発されたローションタイプの有名な男女兼用制汗剤です。パースピレックスローションは塩化アルミニウム、乳酸アルミニウム、エタノールなどの成分を配合しています。体の発汗、特に手足の発汗を抑えることができます。それで、多汗症、また緊張する時に汗が出やすい人にとっていい商品です。

パースピレックスローションの効果
パースピレックスローションの制汗効果について、ドイツのドクター・シュレーダー研究所で実施された実験によって、パースピレックスローションの減汗効果は40%以上と報告されて、米食品医薬品局(FDA)の20%以上の基準を遥かに超えました。

パースピレックスローションに含まれる有効成分が汗と反応し、汗腺の深部に角栓になって、この角栓は蓋みたいで汗が出ることを抑制し、汗の生成の働きが鈍ります。パースピレックスローションは従来の制汗剤と違い、汗の臭いを減らすことではなく、汗の出口そのものを塞ぐことで、制汗効果に達します。

手や足に発汗しやすい人、また、夏の時に出かける場合、ぜひパースピレックスローションを試してください。特に女性はパースピレックスローションを使った後、化粧が汗で落ちにくくなることもできます。

パースピレックスローションの使用方法
パースピレックスローションの使用方法というと、お風呂やシャワー後で、寝る前に乾燥した汗を抑えたい部分にパースピレックスローションを塗ります。翌朝に、塗布した部分がまだ乾燥していない時、濡れたタオルで拭いてください。

初めてパースピレックスローションを使用する場合、1週間で毎晩使ってください。その後、効果がだんだん現れてくる時、週に2~3回の塗布で十分です。通常、一回の使用は3日~5日で効果が持続できますから、とても使いやすいと認められています。

また、パースピレックスローションは制汗剤として、一般的に体の手、足などの部位によく用いられています。しかし、パースピレックスローションに含まれている塩化アルミニウムという成分が効果が強いため、肌への負担が大きくて炎症を起こしてしまうリスクがありますから、できるだけワキに使用することを避けてください。

他には、パースピレックスローションの効果や使用には個人差がありますから、予めご了承ください。また、使用している間、肌に何かの異常な症状が起こる場合、早めに医師や専門家にご相談して下さい。

男女問わず・健康問題を徹底的に解决できる

レビトラは2004年に日本で認可された世界で二番目ED治療薬。最初のバイアグラと最大な違うところは食事の影響を受けにくいということです。